虫歯治療

どうして虫歯になるの?

お口の中にいる虫歯の原因菌(ミュータンス菌)が食べ物や飲み物に含まれる砂糖を取り込み、その結果生み出された酸によって歯が溶ける現象が虫歯です。
ですので、歯の神経の有無に関わらず虫歯は発生します。詰め物や被せ物で一度治した歯でも虫歯が出来ることはあります。

虫歯が原因で起こる症状

神経のある歯でも初期の虫歯では痛みを感じることはありません。
虫歯は「虫歯の原因菌の産生した酸によって歯が溶ける現象」(脱灰)であるため、初めは歯の表面が白くなったように見えます。

その虫歯が徐々に歯の深部まで進行すると歯の中の神経のある歯では冷たいものにしみたり、さらに進行すると何もしていなくても痛みを感じるようになります。

過去に虫歯で神経をとって差し歯になっている歯においては虫歯になっても痛みを感じることはありません。歯の周りや歯と歯の間にものがつまりやすくなった場合は虫歯ができている可能性がありますので注意が必要です。

虫歯の進行状態と治療法

C0:初期虫歯

C0:初期虫歯

進行状態
エナメル質という、歯の一番表面に白濁、白斑と呼ばれる色の白くなった部分が現れます。
治療法
白濁、白斑のある部分を丁寧に磨き歯垢をとりつつ、場合によってはフッ素塗布を行うことで健全な状態に戻ることがあります。

C1:エナメル質まで進行した虫歯

C1:エナメル質まで進行した虫歯

進行状態
歯の最表層であるエナメル質の範囲内にできた虫歯のことをいいます。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯の変色や小さな穴が空いたことで気づくことがあります。レントゲンで発見されることが多いです。
治療法
実質欠損という穴の空いている場合は歯垢がたまらないように穴を埋めることがありますが、穴の空いていない場合は検診をしながら経過観察をすることがあります。エナメル質は唾液に触れているため唾液の再石灰化作用により進行しない場合があります。

C2:象牙質まで進行した虫歯

C2:象牙質まで進行した虫歯

進行状態
歯の最表層であるエナメル質からその奥の象牙質にまで及んだ虫歯をさします。冷たいものがしみるなどの症状があることがあります。
治療法
虫歯の菌の出す酸によって溶けた象牙質を軟化象牙質といいます。この軟化象牙質はエナメル質と異なり、再石灰化をすることがありません。また、軟化象牙質には虫歯を削って詰めるプラスチック(コンポジットレジン)や被せ物のセメントは接着しないため、通常、軟化象牙質は完全に除去する必要があります。
しかし、若年者で自覚症状がなく、歯髄(歯の神経)の近くまで虫歯が進行していることもあり、仮に軟化象牙質を全て除去した場合に露髄(歯の神経が出てしまうこと)の可能性がある場合には、あえて全ての軟化象牙質を除去せず、一時的に軟化象牙質を固くする薬効成分の含まれたセメントで封鎖をし、数ヶ月ののちに再度セメントを除去し、治療を行うことがあります。

C3:神経まで進行した虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

進行状態
歯の神経(歯髄)やその近くまで虫歯が進行し、神経が炎症を起こすことで非常に強い痛みを感じることがあります。
治療法
軟化象牙質を除去し、そののちに歯の神経を取り除く処置が必要になります。術後はその歯で噛むと痛いなどの症状が出ることがありますので、治療時に痛み止めを処方することもあります。
詳しくは根管治療をご覧ください。

C4:根尖病巣ができてしまった虫歯

C4:根尖病巣ができてしまった虫歯

進行状態
歯の頭の部分(歯冠)は虫歯によって崩壊、失われてしまった場合をさします。この場合、神経が虫歯の進行によって腐敗してしまい、歯の根の先に膿が溜まっていることが多く見られます。
お口の中の見た目では歯の根の部分(歯根)だけが残ったように見えることが多いです。
治療法
軟化象牙質を取り除き、歯の根の中の治療してしみて歯がほとんど残らない場合は抜歯が適応になる場合があります。しかし、見た目上、歯が残っていなくても感染部位を取り除き、顎の骨の中に歯の根が残る場合は、部分矯正と外科処置により、歯を残せる場合があります。

痛みに配慮した治療を行ないます。

歯の痛みの感じ方は個人個人、時には同じ人でも歯によって痛み方が異なります。当院におきましては治療前に虫歯の深さをご説明し、痛みを感じる可能性のある場合は局所麻酔の使用の有無をご確認いたします。

局所麻酔をご希望でない患者さんには麻酔なしで治療を開始し、少しでもお痛みを感じられましたら再度麻酔の使用を確認いたします。

局所麻酔を行う場合はまずはゼリー状の表面麻酔を歯茎に塗り、少し時間をおいて から表面麻酔をゆっくりと行い、出来るだけ痛みのないように心がけています。

虫歯を放置せずになるべく早く治療を行ないましょう。

虫歯を対処せず放置すると、より深く進行した場合、何もしなくても痛みが生じて来ることがあります。それをさらに放置すると歯の中の神経が腐敗し、その後、歯の根の先に膿の塊を作り、根の先の骨を吸収してしまうことがあります。しかし、虫歯を初期に対処することで小さな範囲で処置を行うことが出来ます。

万が一虫歯を放置してしまい、歯の根の先に膿の塊が出来てしまった場合でも適切な対応を行うことで歯の保存を試みることが出来ます。

虫歯は再発するの?

虫歯の原因はお口の中にいる虫歯の原因菌(ミュータンス菌)です。

やはり歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシが不足しているとそれらミュータンス菌が原因で虫歯は再発してしまいます。
そのため、日々のプラークコントロールが重要になります。