子供の虫歯治療

どうして子供は虫歯になるのですか?

子供の虫歯も大人の虫歯と成り立ちは同じで、お口の中にいる虫歯の原因菌が食べ物や飲み物に含まれている砂糖を取り込み、酸を生み出し、その酸が歯を溶かした結果を言います。ですので、子供も歯が生えてきたら大人と同じように虫歯になる可能性はあります。

子供が虫歯だと気づくことはできますか?

お子さんが歯にものがつまりやすくなった、歯が黒く見える、水などがしみるなどと言いだした時には虫歯の疑いがあります。また、歯ぐきが腫れた、噛むと痛いという時には虫歯が深くなっている場合もあります。その時は一度、歯科医院にご相談ください。

乳歯の虫歯はそのままにしてよいのですか?

乳歯の虫歯も永久歯の虫歯と同じで、歯の表層、エナメル質に限局し、かつ穴の空いていない場合は削らずに歯ブラシや積極的なフッ素の使用で様子をみることがあります。しかし深い乳歯の虫歯を放置すると永久歯の虫歯と同じように、歯の神経まで到達して痛みが出てしまうことがあります。また、痛みをあまり感じることなく歯の神経まで感染し、歯ぐきが腫れてくることがあります。歯ぐきが腫れてきた場合はその後に生えてくる永久歯にも影響が出てしまうことがありますので、乳歯の治療が必要になります。また、歯と歯の間の虫歯を放置した場合、その穴に向かって隣の歯が傾き、歯並びにも影響が出る場合があります。

子供の虫歯治療はどのようなことを行なうのですか?

子供の虫歯治療も大人と同じように虫歯に感染している箇所を取り除く治療を行います。しかし、子供の場合は大人と違い、機械の音や治療行為だけでなく、診療室の雰囲気に不安を覚え、初めから虫歯を削る事が難しいことが普通です。無理に押さえつけて治療を行うと動いて危険を伴ったり、将来的に歯科医療へのトラウマとなってしまうことがあります。そのため、痛みなどがあるなど緊急性がある場合を除き、まずは診療室や治療の雰囲気に慣れる事から始めさせていただき、慣れてきた後に実際に虫歯に感染した部分を削る、大人と同じ虫歯治療を行わせていただくことが多いです。

虫歯にならないためには、どのようなことが必要ですか?

虫歯にならないようにするには、虫歯の原因菌を歯から取り除くこと(歯ブラシ、フロス)と砂糖の含まれた甘い飲み物や食べ物を出来るだけ減らすことが大切です。虫歯の原因菌が砂糖を菌の内部に取り込み、その結果生み出される酸で歯が溶けてしまうのは大人の虫歯と同じです。乳歯や生えたての永久歯(幼若永久歯)は酸に溶けやすいので、生涯使う永久歯と同じように予防が重要です。

そのため、食後の歯ブラシ、保護者による仕上げ磨きとともにおやつの時間を決めて甘いものを時間をかけて食べない(ダラダラ食いをしない)、フッ素による歯の質の強化など、保護者の方のご協力も大切になります。

また、お子様と周りの方のお箸やスプーンの共有を避けることで、周りの方のお口の中の虫歯原因菌や歯周病原菌をお子様のお口への感染を防ぐことが出来ますので、お子様専用のお箸やスプーンのご使用もおすすめいたします。