審美歯科治療

審美歯科とは?

審美歯科とは?

審美歯科は【口元の美しさ】に焦点を当てた治療のことを言います。

美容のための歯科治療と思われる方が多いですが、審美歯科の本来の目的は、むし歯治療・歯周治療・欠損歯治療・咬合治療などの機能面の回復と同時に、歯の形態や色調、歯列などを改善して口元の美しさまでを考えた総合的な歯科治療を行うことです。

審美歯科と美容歯科の違い

審美歯科と美容歯科の違い

審美歯科=美容歯科ではありません。明確に双方の違いが示されているわけではありませんが、当院では患者様に説明する際には別の目的でお伝えします。

審美歯科はあくまでも、機能を中心として見た目を整える。もしくは見た目を美しくすることが目的で、美容歯科は【美しさのみ】に重きを置くことが目的であると考えています。

美しさを求めて治療することを否定するつもりはありませんが、噛み合わせを考えずに治療を行うことで、せっかく治療した歯(セラミックなど)が割れてしまったり、発音がしにくい、噛み合わせの高さが合わずに食事や私生活に違和感を感じて再治療するケースも少なくありません。

審美歯科とは?でお伝えしましたが、機能面を回復させた後に審美的な治療を行うことが最も大切で、その双方を実現して初めて安定した美しさが手に入ります。

歯は削れば元には戻らないですし、一度取り除いてしまった神経も元には戻りません。当院では患者様に機能面の治療がどれだけ大切かをご理解いただいてから治療を行なっております。

当院が行う審美歯科治療

ホワイトニング

ホワイトニング

審美歯科=美容歯科ではありません。明確に双方の違いが示されているわけではありませんが、当院では患者様に説明する際には別の目的でお伝えします。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

失活歯(神経のなくなった歯)が変色した時にに行うホワイトニングです。失活歯の内側にホワイトニング剤を入れ、変色してしまった歯を白くしていきます。

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーは、銀の詰め物をセラミックの詰め物に変更する治療です。天然歯と同じ様な見た目に仕上がります。笑った時に奥歯にある銀の詰め物が目立つのが嫌だというかたに選ばれています。セラミックには複数の種類がありますので、治療時に歯科医師と相談しながら決めていくことをおすすめします。

セラミッククラウン

セラミッククラウン

セラミッククラウンは白い被せものです。
奥歯にある銀の被せものが目立つ、前歯の治療を行なったが、レジンが変色して見た目が不自然になっているのを改善したいという方に選ばれています。

セラミックインレーと同じく、複数の種類がありますので、歯科医師と相談しながら決めていくことが大切です。

ラミネートベニア

ウォーキングブリーチ

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミックを貼り付ける【前歯専用】の治療です。テトラサイクリン歯の改善や軽微な隙間を埋めることに用いられる治療です。

クラウンに比べると切削量が少なく済むのが特徴ですが、噛み合わせをしっかり考えないと割れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

矯正歯科

矯正歯科

歯並びが気になる方は、矯正歯科を検討しましょう。当院では審美的な改善のみならず噛み合わせを考慮し、機能面までもしっかりと改善していきます。

当院では日本矯正歯科学会認定医の副院長が治療を担当し、ワイヤー矯正やマウスピース型矯正装置インビザラインに対応しております。詳しくは矯正歯科のページをご覧ください。

審美歯科をご検討になられたら

口元の見た目が気になるなど、審美歯科をご検討になられたら、お気軽にご相談ください。患者様のご要望をお伺いし、審美改善に至るまでの治療に関してなどもこちんとお伝えさせていただきます。