入れ歯

入れ歯の重要性

歯を失い、そのまま抜けた部分を放置することで咀嚼だけではなく、欠損部分の大きさによっては発音や歯並びにも影響が出ることがあります。

特に噛み合わせを支えている奥歯を失ってしまい、それをそのまま放置すると残っている前歯に負担がかかり、前歯に揺れが出て来ることもあります。

入れ歯でお悩みはありませんか?

これまで使っている入れ歯があわずにいらっしゃる方、入れ歯を一度入れたが馴染めずに使用を断念してしまった方など、一度ご相談ください。

あわない、馴染めなかった入れ歯をお持ちでしたらそれら入れ歯を拝見し、出来るだけ使っていただけるように改善策を一緒に考えさせていただけたらと思います。

そもそも、どうして入れ歯が合わなくなるのか?

一度入れ歯を装着してもその後、入れ歯を支えている歯が移動したり、歯茎の形が変化します。また、入れ歯そのものも使用によって人工の歯が磨耗したり、入れ歯そのものが変形することがあります。

このような場合、入れ歯が合わなくなることがあります。

保険と自費の入れ歯の違い

歯の失い方、残っている歯の状態、上下の噛み合わせの仕方、噛む力など、入れ歯を作成する際には色々な条件を考慮して設計を考えて行くことになります。

これら諸条件によっては健康保険では使用できる材料や入れ歯を支える歯に使用する装置に制限があります。もちろん、健康保険の入れ歯で十分に機能し、使用していただける場合も多くあります。

しかし、健康保険で使用できる材料のみでは機能や装着感、審美性を回復仕切れない場合は自費の材料、設計方法をご提案させていただくことがあります。

最適な入れ歯を作成するために重要なポイント

同じように歯を失ってきても、一人一人のお口の中の歯ぐきや残っている歯の状態、嗜好品は千差万別です。一度の型取りでスムーズに入れ歯が完成し、違和感なくご使用いただける患者さんもいらっしゃれば、何度も調整が必要な患者さんがいらっしゃいます。

一度入れてみて合わない入れ歯も調整や改造を繰り返すことで使用感の改善が図れることが多くあります。使用感などを医院でお伝えいただき、それに対応させていただくことを繰り返し、最適な入れ歯に近づけて行くことができます。