インプラント

失った歯を天然歯に限りなく近い状態に戻す治療

失った歯を天然歯に限りなく近い状態に戻す治療

何らかの理由(虫歯や歯周病、外因など)によって、歯を失った場合に、失った歯を補う治療方法の一つがインプラント治療です。

顎とインプラント体が結合することによって、人工的な歯根の役割を果たすため、天然歯に限りなく近い状態を実現することができます。

インプラント単体のみの治療でなく、ブリッジや部分義歯との併用もできる優れた治療法なので、選択が広がり多角的に治療計画を立てることが可能です。

患者様の負担を最小限に抑えるインプラント治療

患者様の負担を最小限に抑えるインプラント治療

インプラント治療は優れた治療法である一方で、外科的治療(手術)が必要であったり、インプラント治療をする条件などもあります。

当院では、患者様の負担を考慮し、多数のインプラントではなく必要な分の本数をご提案するようにしています。インプラントを併用した治療や、インプラント治療後の管理やリスクを検討した上で「患者様の負担を最小限に抑える」という考えを実践していきます。

当院がインプラント治療で大切にしていること

診査診断を重要視する

診査診断を重要視する

インプラント治療において、診査診断は重要です。
当院では歯科用CTスキャンの導入し、レントゲンでは見ることのできない情報を取得し、治療計画立案に役立てていきます。

そうすることで、治療時のリスクや予知性を高めることができるようになります。

歯周組織を考慮する

歯周組織を考慮する

院長は日本歯周病学会の認定医です。
インプラントには「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病と同じような炎症が起こる問題が発生しないよう、治療前の歯周治療と治療後のメンテナンスに力を入れています。

また、患者様ご自身のプラークコントロールの質を高めるサポートも「歯周病の専門的な視点」からきちんとサポート致します。

噛み合わせを考慮する

噛み合わせを考慮する

咬合力(噛む力)は人によって様々です。
天然歯とインプラント体が噛み合うので、噛み合う歯の力のバランスを整え、歯根破折(歯の根が割れてしまうこと)や歯周病を進行させてしまう因子を回避するようにしていきます。

インプラントをお考えの方は、ご相談下さい。

インプラントは、失った歯を補う治療法の一つです。
「インプラント前提」ではなく、他の治療法を考慮しつつ、最適な治療法をご提案致します。お気軽にご相談下さい。