歯周病治療

歯周病はどのような病気か

歯磨きやうがいをした時に歯茎から血が出たり、進行すると歯や歯茎を支えている顎の骨が吸収(溶けてしまうこと)し、食事の時に歯がグラグラしてくる病気です。

痛みがないというのが特徴で、気がついたときには歯周病がかなり進行しているの場合が多いです。それほど、歯周病はわかりにくい病気なのです。

どうして歯周病になるのか

お口の中に存在している歯周病を引き起こす細菌によって、歯茎に炎症が引き起こされます。

細かく説明すると、プラーク(歯垢)の中に細菌が存在していて、その細菌が毒素を出して歯周病を進行させていきます。プラークを放置しているとやがて固まり、歯石になります。

歯石はブラッシングでは取り除けない上に、歯石のまわりに更にプラークが付着したり、歯石の中に細菌が張り込み悪さをし続けます。

歯周病に症状

初期には痛みは無く、歯磨きをした時の歯茎からの出血が見られます。進行してくると歯茎の腫れや痛み、さらに進行すると歯がグラグラとして噛みにくくなります。

そのまま放置していると、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の進行状態

歯周病はその病気の進行具合で’歯肉炎’と’歯周炎’に分けられます。
さらに歯周炎は重症度により、軽度、中等度、重度に分けられます。

歯肉炎
歯周病の初期段階です。歯肉炎は歯や歯茎を支える顎の骨にまでは炎症は及んでおらず、歯茎に炎症が限局して起こっている状態です。歯と歯茎の境目についた歯垢によって歯茎に炎症が起こり始め、歯磨きや歯周ポケット検査(プロービング検査)において歯茎から出血しやすくなっている状態です。
軽度歯周炎
プロービング検査において歯周ポケットの深さが3mm以下、歯を支える顎の骨の吸収が歯の根の1/3以下の状態です。この時はまだ歯肉炎同様に、歯に揺れを感じることはあまりありません。
中等度歯周炎
プロービング検査において歯周ポケットの深さが4〜6mm、歯を支える顎の骨の吸収が歯の根の1/3〜1/2の状態です。歯周ポケットの深い位置まで歯石が付着していることが多くなります。歯に揺れを感じることがあります。
重度歯周炎
ロービング検査において歯周ポケットの深さが7mm以上、歯を支える顎の骨が歯の根の半分以上失われた状態です。歯にグラグラする揺れを感じ、歯茎から膿が出てくることが多くなります。

歯周病の治療法

歯周基本治療について

歯周病の原因となる歯垢や歯垢を歯につきやすくしている歯石の除去を行いながら、同時に歯に噛み合わせが負担をかけている場合は噛み合わせの調整を行います。

この時、一番大切なことは歯垢を日々歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどで歯の表面からとることです。そのため、歯のどこに歯垢が付きやすいのか、どこに磨き残しが残りやすいのか、どのようにしたら磨きやすいのかなどを知っていただくための歯磨き指導が重要です。

歯周外科治療について

歯周基本治療を行い、歯茎からの出血が治っても深い歯周ポケットが残存する、歯を支える骨の回復が見られない時に、歯茎を切開して歯周ポケットを除去したり、歯の根の深いところを直接見ながら骨を回復させるための再生療法などを行うことがあります。

歯周病は治るのか?

歯科医院での歯周病治療を行い、それと合わせて日々のご自宅での歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシの使用によるセルフケアにより歯茎の炎症を消退させ、場合によっては歯周病によって失われてしまった歯の周りの骨を再生させることができます。

歯周病治療に重要なポイント

歯周病はお口の中にいる歯周病原菌による感染症で、生活習慣病の一種と考えられています。

歯科医院での歯周病治療とともにご自宅でのセルフケア、そのためのブラッシング指導も重要になってきます。