歯の再植

歯の再植とは?

歯の根の先に膿がたまり通常の歯の根の治療では治らない場合や、歯の根にヒビが入ってしまっている時に、一度その歯を抜いてお口の外で歯の治療を行い、その後、抜歯した場所に戻す特殊な治療です。

歯の再植の特徴

通常通りに歯の生えている状態では直接歯の根の先の化膿したり、ヒビの入っている部分を見ることには限界があります。

そのように通常では直接目では確認できない部分を一度歯を抜き、お口の外で確認し、治療を行うことができます。

どのような場合に、歯の再植が適用されるのか?

治療対象の歯の根の部分に十分な厚みが必要になります。歯の根の部分の虫歯が大きかったり、差し歯の土台が太い場合は歯を抜く時に歯が折れてしまい、再び戻すことが出来なくなってしまいます。

再植治療について

レントゲン撮影や歯の根の治療など、まずは通常通りの診査と治療を行います。その際に通常通りの治療では治療が困難であれば再植治療を行うかの判断をします。

実際の治療は麻酔を歯の周囲に行い、麻酔が効いたのちに一度歯の抜歯を行い、おお口の外で抜いた歯を直接見て、根の先についている汚れや根のひび割れ部分の部分の治療を行います。その後、その抜いた歯をお口の中の元あった場所に戻し、糸で縫ったり、場合によっては隣の歯と接着剤やワイヤーで固定を行います。

術後は麻酔が切れると痛みが出るため、痛み止めと感染予防のために抗生物質を処方します。

通常、一週間程度で糸抜きを行います。それまでは治療を行った部分を歯ブラシで強くこすったり、できるだけ食べ物が当たらないようにしてください。

再植した歯は長持ちするのか?

再植治療を行った歯は一度ヒビが入っていたり、根の先に病変が大きかった場合は歯の根を少し短く削ってある場合があります。

そのため、全く治療が行われていない歯に比べると歯の寿命は短いことがあります。しかしながら、自分の生まれ持った大切な歯をすぐに抜歯することなく少しでも長持ちさせれことは、その歯だけでなく、その歯の両隣の歯にブリッジや入れ歯での負担をかけることがなくすことができます。